ヘアカラーした女性がチョコを食べる

postheadericon シャンプーの注意点

シャンプーを選ぶ時の注意点は、その時の髪や頭皮の状態に合ったものを選ぶということです。

乾燥してパサつきがちであるときや枝毛が気になるときはより潤うものがよく、暑くなってきて汗をかきやすい状態のときにはさっぱりと洗いあがるものがよいでしょう。またヘアカラーをしたあとに適するものもあり、その中にも色を抜いて明るい色にした場合に使うとよいものと、黒染めなど暗い色にした場合に使うとよいものがあります。適したシャンプーを使うことで色持ちもよくなります。

シャンプーの必要性
シャンプーは、頭皮および髪を洗う洗剤であり、また髪を洗うこと自体をそのように呼ぶことも浸透しています。

人間の頭皮は、想像以上に汗を掻いており、そのままにしておくと雑菌の増加、悪臭、かゆみ、ふけなどと、不快な症状が出てきますが、髪を洗い清潔にしておくことで、そのような症状を防ぐことが出来ます。

また、汗や汚れを洗い流すだけではなく、ヘアカラーをした後にも必ずシャンプーをします。これは髪についたカラー剤をしっかりと洗い流すためです。特に美容室では、丹念に手入れをしてくれます。

ヘアカラーした女性が飲食中

postheadericon シャンプーの概要

シャンプーとは、頭髪の汚れや皮脂を洗い流す際に使用する石鹸の事を指します。ですが近年では頭髪の汚れや皮脂を洗い流すだけでなく、髪の傷みを補修するものや頭皮の健康を促進するものなどといった、付加価値に着目した商品が一般的となっており、多岐に渡る商品が販売されています。

中でも美容室などでは独自に開発した効果の高いものを販売しており、ヘアカラーやパーマを繰り返し特に傷んだ頭髪の改善に特化したものが多くみられます。

ヘアカラーした女性がタブレットを

postheadericon ヘアカラーの方法

ヘアカラーの方法として、自宅で自分で染めるやり方と美容室でやってもらう方法があります。自宅でやる場合、市販のヘアカラー剤が豊富に販売されています。

白髪染め用もあり、泡タイプやムースタイプ、クリームタイプなど好みで選ぶことができ、手軽に染めることができます。染めた後はシャンプーをして洗い流します。お店ではプロがお客の好みのカラーを調合しながら本格的に染め上げていきますので、カラーの持ち時間は市販剤より長持ちします。

ヘアカラーしたら当日シャンプーはしない事
美容室でヘアカラーをしてもらったら、なるべく長い期間、美しい髪色を楽しみたいですよね。そのためにも、カラーリングした当日のシャンプーはするべきではないのです。

特に夏場などは、汗をかくため髪を洗ってすっきりしたいという欲望を我慢する事で、綺麗な状態を維持できるのです。ぬるめのお湯で洗い流すだけで、汚れは落ちますので、カラーリングした当日はこれでしのぎましょう。

また、使用する洗髪剤もカラー専用の物をなるべく使用する事で、より長く綺麗な色を維持する事ができるのです。

ヘアカラーした女性が携帯をかざす

postheadericon 美容室でヘアカラーをするメリット

ヘアカラーとは髪の毛を染めることですが、ドラッグストアやスーパーなどでも自分で染めることができるものも売られています。もちろん市販のものを買っている方が安くつきますが、ほとんどの人が美容室でやってもらっていることでしょう。

メリットとしては、むらなく染めてもらえ、おまけに気持ちの良いシャンプーまでしてもらえ、マッサージも受けられることです。おしゃれ染めをやっている日本人は数多く、2、3ヶ月に一回はカラーをしに行くという方がほとんどなので、需要はなくなることはないでしょう。

アーカイブ
カテゴリー